マスカラを塗ったみたいな束感に




エグータムで育毛されていたお客さま。
かなり効果がみえてきたので
地まつげでどれくらいボリューム感が
出るか??
初めてのラッシュリフトに挑戦されました。


メニューは
Korean LashLiftです。




「これがわたしのまつげー??」って
びっくりされていました😊

やっぱりエグータムで育毛してから
ラッシュリフトすると感動が
違うと思います👍


韓国式のラッシュリフトを
教えてくれた
韓国のアイラッシュサロン、
NUNUのアンプルで仕上げているので
マスカラなしで
つやつやボリューム。
お家でも美容液で整えていただくと
同じ感じになります😊


日本式のラッシュリフトしか知らなかった
わたしが
韓国式のラッシュリフトを学んで
国を超えたリフトの考え方や
技術によって
すごくラッシュリフトの技術に
自信がでました。


正直、日本のラッシュリフトより
韓国のラッシュリフトのほうが
技術は上だとわたしは思っています。


まつげパーマやパリジェンヌラッシュリフトは日本式の技術。
コリアンラッシュリフトとは
様々な面で違いがあります。


前にもブログだけには書きましたが
日本式の技術より
まつげがあがりやすい韓国式の技術を
別メニューとして区別して売るのは
お店としては当然のことだと思います。


でも、実際お店で施術するときに
「韓国の方法をとりいれれば
まつげパーマもパリジェンヌラッシュリフトもよりまつげがあがる」と
知っていながら

「メニューや値段で区別しているからと
いう理由で
日本式のメニューには
あえて通常の方法をとるのは違う」と感じて

悩みながらもまつげパーマにも
パリジェンヌラッシュリフトにも
韓国式と同じ薬剤を使って、
技術の特に大切な部分には
コリアンラッシュリフトと同じように
韓国式のまつげがあがる方法を
取り入れることにしました。
(なので、わたしのパリジェンヌラッシュリフトは一部韓国式のアレンジが入っていて
他の方の工程と少し違いがあると思います。)


結果、まつげパーマと、
パリジェンヌラッシュも
よくあがるようになって
コリアンラッシュリフトとの
区別がなくなりすぎた😅😅


しかし!NUNU姉妹に教わった「束感」を
作る工程だけは
コリアンラッシュリフトを
オーダーされない限り
他のパーマやリフトメニューでは
やっていないです。
まつげパーマやパリジェンヌラッシュリフトで束っぽくする工程とは
また少し違う感じになります。


何故ならNUNUの束感を作る工程は
面倒くさすぎるし、
まつげパーマの神様の技術なので
難しすぎる。
(そこが良いのですが)


違いがよくわからないという方でも
作る工程を見れば
韓国式のラッシュリフトが
どれくらい手がかかるか
よくわかるのになーと
いつも思っています😅😅


でもお客さまには自分のまつげが
途中どんな感じで巻かれてるか
お見せ出来ないので残念。
(施術中、目を開けられないから😱)


見せてあげられたら
もっと感動してもらえるのになー(笑)


アイラッシュを中心とした美容情報からサロンの日々をお伝えしていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000