違いは綺麗さ



少しずつ
仕上がってきています
Korean LashLift。


メニュー化も見えてきましたが
今日も
立ち上げ(ラッシュリフト)
ご希望のお客さまに
モニター体験していただきました。


韓国のラッシュリフトを
教えてくれた
NUNUさんの良さって
とにかくキレイなラインと束感。

拘って仕上げることで
見た目が抜群に良いのは
勿論ですが

近い距離の毛束を
まとめておくことで
ボリュームも出るし、

完璧にラインをとってまくことで
絡まりがなく
パーマから時間が経過しても
汚なくならないのが
ポイントだと思います。



あがったラインは
パリジェンヌラッシュリフトに
似ているので
細かいところ見ない方は
あまり変わらなく見えるかも😂


何が違うんですか?

と聞かれると
技術やお道具のことなので
難しいのですが

コリアンラッシュリフトは
あがったまつげをいかに
キレイにみせるかに
手間をすごくかけていて
簡単にいうと
コリアンラッシュリフトのほうが
めんどくさい分キレイです😂😂


日本の技術と
見た目が違わなければ
日本の技術者が
韓国の技術者に技術を習うのに
全国から殺到しないよねー
(かかる費用も恐らく皆さんが
これくらい?と思う金額と桁違う)


なので
違いは見た目が綺麗で
日本の従来のまつげパーマや
ラッシュリフトより洗練されてる。
ただそれだけです。
でもその洗練度の違いが
韓国からきた美容技術な気がする、、


こちらのお客さまは
パリジェンヌラッシュリフトを
されていた
お客さまなので
あがり方はそこまで
違わないのですが

「すごい綺麗」
「ボリュームがあるように見える」
「何かわからないけど
前とは違う感じに見える」

と、
わたしがNUNUさんの
ラッシュリフトに
思っていたことと
同じことを感じていただけて
良かったです❤️


鏡を見た瞬間
「あがってるー」
だけじゃなくて
「綺麗~」
って言って貰えるような
技術だと思うので
もう少し再現性が高まるように
頑張っていきたいと思います。









アイラッシュを中心とした美容情報からサロンの日々をお伝えしていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000