パニック障害とまつげ施術③


↓こちらのつづきです。



次に
パニック障害の方が
苦手と感じやすい

②施術中にトイレにすぐ行けないと
思うと不安



こちらに関しては
アイラッシュ施術の場合だと
どうしてもトイレに行けない
タイミングというのは
出て来ます。

実際、美容室のシャンプーと
まつげ施術にだけ
パニック障害を
お持ちのお客さまも
まだパニック障害が
ご自身でわかっていないときに
トイレに行けないタイミングのときに
(振り返って思えば)発作がおこって
しまったときがあったので
このあたりは不安に思う部分
なんでしょうね。


具体的に言えば

まつげエクステの場合は
リムーブ(古いエクステの取り外し)のときは
まつげにリムーバーという
強い薬剤が
付いているので
トイレに行くのは
かなり厳しいです。

リムーブが終わって
装着のときには
トイレに行きたくなって
 申告していただいて
1~2分あれば
付けている途中のエクステを
乾かして
トイレに行くことは可能ですp(^^)q



リムーブの時間は
残っているエクステの状況によるので
ある程度とれかけの時のほうが
リムーブの時間は短いです。

ですから
パニック障害がある方でしたら
しっかりエクステが
残っている段階よりも、
とれかけもしくは全てとれてから
サロンに行かれると
リムーブの時間が短い
もしくは全て外れている状態だと
リムーブ時間がありませんから
心的負担が少ないのかなと 
思います。
(トイレにいつでも行ける状態なので)


定期的にきれいな状態で
キープしておきたい方で
トイレが心配な方は
事前に相談して
片目ずつリムーブしてもらうのも
ありかなと思います。
その場合はやはり時間がかかりますから
その場で言っても
対応しきれないかもしれませんので
予約段階から
相談しておいて
予約枠を長めにしてもらうと
良いですね。

装着自体は
片目ずつ、両目同時に
どちらでも出来ます。

片目ずつのほうが
急にトイレにいきたいときに
行きやすいのですが
もし急な発作が心配な方は
両目同時に施術したほうが
万が一のときに
バランス良く終われる
メリットがありますね。

このあたりも心配度合いに
応じて相談してみると
大抵の方は対応できるはずです。


まつげパーマは
施術時間自体は短めなのですが
薬剤をのせた後は
トイレには行けません。

薬剤をのせた後、
約20分程は
我慢する他ない状況ですので
トイレにすぐ行けないことで
心的ストレスがかかってしまう方には
メニュー自体が
あまり向かないのかなと思います。


続きます。


アイラッシュを中心とした美容情報からサロンの日々をお伝えしていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000