パニック障害とまつげ施術②


遅くなってしまいましたが
↓前回の記事のつづきです。





いろいろとお話を聞いたり
情報をみていると
パニック障害の方が
まつげ施術の
何が怖い(苦手)と
感じているかというと


①目を潰ったまま開けられない
②トイレにすぐいけない
③仰向けの姿勢のまま動けない


この辺りに
圧迫を感じて
症状(発作というんでしょうか?)が
おこる方が
多いみたいですね。

わたしはパニック障害に詳しいわけでは
ありませんが
このあたりに関して
施術側から少しお伝え出来ればなと
思います。


①目を潰ったまま開けられないのが苦手


まつげエクステやまつげパーマは
目の上での
施術になりますので
基本的には目を潰ったままの
施術になります。


目を開けられないのが
怖い方は
それが心配になりますよね!
開けたいですよね!


ですが、
実際施術側からすると
「目は【絶対】開けられては困る」
かと言われると
別に開けたければ開ければと
いった感じです(笑)


というより、
目を絶対に開けるなとルール設定しても
実際は
施術に拍子で目を開けてしまう方もいるし、
寝ていて飛び起きる方もいるし、
あとは骨格差やまぶたの厚みで
目がしっかり潰れない方って
実は沢山いらっしゃいます。


なのでそこに全く対応出来ない
サロン(施術者)って
実際はあまりないと思うんですよね。
正直ちょっと位、
目が開いていても
施術は出来るものなんです。
(正しい正しくないという話ではなく
出来る出来ないで出来ます。)

なので
目を閉じていて
ちょっとその状態が怖くなって
目を開けたくなって
うっす~ら目を開けても
施術上、大きな問題には
全くなりません。
お客さまが
施術中に目を開けること位
日常茶飯事すぎる話なので
少し目を開けても
「あ、なんか今お客さま
目を開けたな」位です。


そもそもなぜ目を潰っていないと
いけないかというと、
まつげエクステでしたら
グルーの揮発成分が目に沁みたり、
まつげパーマでしたら
薬剤が目に入らないように
するためなのですが、

まつげエクステのグルーは
乾きが早いですし、
(1~2秒で乾きはじめます。)
最近だと
グルーの硬化を促進する薬剤なども
使用している場合も多いので
施術中に少し目を開けた位で
目が沁みて痛くて
仕方がないという場合は
かなり少ないように感じます。

ですが、
もし長時間目を閉じているのが
怖くて
たまに目を開けてしまうかも?というときは
事前に施術者と相談して
定期的にコンプレッサーなどで
乾かしながら
施術してもらうと
万が一目を開けてしまったときも
沁みにくくなるかなと思います。



まつげパーマの場合も
適切な量の薬剤を塗布していれば
目を開けたことで
パーマ液が目に直接入ってしまう可能性は
同じく少ないかと思いますが
(セルフパーマでしたら
目を開けて薬剤塗りますが 
それでも普通に塗れる位ですからね(^^;)
まぶたという防御壁がありますから
そんなに簡単に目に薬剤は入りません。)


同じく怖いなという方は
根元ギリギリは
少し開けて薬剤を塗ってもらえば
途中で目を開けても
大丈夫な可能性はより高いと思います。


アイラッシュ施術の上で
意外と危ないのは
目を開けることよりも、
【目を強く瞑る】ほうですね!
怖くて目に力入れてしまう方はいますが
実はこれは意外と危険度が高いので
要注意です。

人のまつげって
軽く閉じているときと
開けたときは
扇子が開いたときのような
形なので、

目を開けたり
閉じたりする動きは
まつげの動きとしては
上下にパチパチというだけで
さほど変わらないのですが
(なのでラッシュを付けようと思えば
パチパチのタイミングに合わせたら
ラッシュは付けることが出来るんです。)

目をぎゅーっと
瞑る動きをすると
扇子をばちっと閉じたように
開いていたまつげが中に
集まってきます。

例えば1本ラッシュ付けて
次の1本をつけるときに
目をぎゅーっとすると
隣のまつげがまぶたの動きにつられて
こっちに寄ってきますので
隣同士がくっついてしまいますし、

まつげを探っているときに
目をぎゅーっとすると
引っ掛けてしまったり、
上下のまぶたに乾いていないラッシュが
くっついてしまったり
することがあります。
(とれますけどね)


ぎゅーっとまでいかなくても
ぐっと目に力をいれるだけで
まつげはかなり中に寄ったり
左右に動いたりします。

また目に力を入れると
目を瞑っていても
上下のまぶたの距離は
近くなりますから
まつげパーマの場合は
放置中の
薬剤が目に入りやすくなったりします。
薬剤の放置中に伸びしたりするのも
目をぎゅーっと瞑ってしまいますから
危険ですよ!

【目のぎゅー】は
目を開けるよりも
かなり施術に影響しますので
なるべくリラックスして
施術を受けていただくと
良いのかなと思います。

 
長くなったので
まとめると、

①目をずっと閉じるのが怖いなら
たまに目を開けても
施術には
そんなに影響はないので
大丈夫!

②本当に怖くて
ちょこちょこ目を開けてしまいそうなら
事前に相談しておく!

③怖くてもなるべく
目をぎゅーっとしない
(しないほうが安全)

以上となります。
つづきますp(^^)q


アイラッシュを中心とした美容情報からサロンの日々をお伝えしていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000