まつげパーマ・ラッシュリフトに必要なお手入れ



先日、パリジェンヌラッシュリフトを
されたお客さまに
「長持ちさせるために
やったほうが良いことは
ありますか?」
とご質問いただいたので
ブログにもアップしますね。

パリジェンヌラッシュリフトや
まつげパーマの施術は
しっかりカールがかかっていれば
かけてしまった形状が
お手入れで
早くとれてしまうことは
ありません。
厳密にいえば
パーマは「とれる」「落ちる」
のではなく
パーマをかけたときから
新生部分が伸びることで
「とれた感じになる」
「落ちた感じにみえる」
ので
持ちというのは
まつげの状態や代謝によって
変化します。

なので、
施術後に持たせようとするよりも
施術前に
まつげの状態を
整えておくことが大事なんですよね。

それなら
施術後は何もしなくて良いか?と
言うとそうではなく
施術後は次の施術前になるわけですから
結局は日常的にケアすることが
必要になります。





もちが悪く感じやすい例とすると
抜けている部分が多く、
全体的にまつげの長さに
長短が出ている場合です。

成長途中の短いまつげが
あまりにも多すぎ
ると
毛先にしかカールがかからず、
後からまっすぐや下向きに生えてくる
新生部分が
多くなりますので
もちが悪く感じる原因になります。



また短期間でパーマをかけすぎると
まつげがパサついて
乱れるのが早くなったり、
切れ毛が出来て
まつげが短くなってしまうので
1ヶ月程度でパーマを
繰り返している場合は
特にしっかり保湿のお手入れをするか、
毛質が強くない方は特に
最短でも1ヶ月半ほどで
ある程度まつげの生え変わりをまって
施術をしていくのが
良いかなと思います。

まつげも年齢を重ねれば
それだけ細く・コシがなくなります。
まつげが生えていることと、
その状態が良いかどうかということは
別問題になりますし、
ある程度年齢がいけば
なにもしないことで
状態が良くなることは(
若返り)
ありませんから
毎日お手入れをして
小さくても+を積み重ねて
-にならないように
がんばって欲しいなと思っております。


まつげパーマやラッシュリフトに
おすすめなケアですと
抜けや毛質が悪いなどの
大きなダメージがない方は
保湿タイプの美容液で
良いと思います。
サロンではお客さまの状態にあわせて
美容液を選ばせていただくことが
多いのですが
施術していて大きな引っかかりが
ない場合は
ほとんどこちらをおすすめしています。

アイラッシュリポゾーン
2800円


毛質の改善や抜けなどの
大きめのダメージがある方は
育毛タイプが良いかと思います。

朝晩塗れると良いですが
たまにしか塗らないよりは
毎日夜は1回、
肌と同じく気をつけて
あげられると良いと思います。

アイラッシュ ウィッシュ ネオ
3000円

プロダクトの詳しい説明は
こちら

睫毛貧毛症といえるほど
まつげの状態が気になる方は
サロンにてご相談ください。

アイラッシュを中心とした美容情報からサロンの日々をお伝えしていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000