メニュー別アフターケアの違い




お客さまによっては
その時々にまつげエクステにしたり、
まつげパーマにしたり
メニューを変えられて
楽しまれる方もいらっしゃいます。

また施術期間が開けば
アフターケアをどうすれば
良いんだっけ?と
思い出せない方もいらっしゃいますので

忘れたとき用に
簡単に記事にしてみました。



Q,
「まつげパーマした後って
洗顔したら駄目なんでしたっけ?」


A,

「まつげパーマやラッシュリフトの場合は
その場でカールが
(まつげの結合が戻って)完成しており、


施術後、顔を洗った程度でパーマが
落ちたり持ちに影響することは
ありませんので
(もしそのようなことがあっても
洗顔やお風呂は原因ではありません)

施術後はすぐ洗顔・メイクは
していただいて構いません。
またクレンジング剤の指定もありません。



まつげエクステの場合は
接着剤の刺激を感じない程度
乾かした状態で完成しますが

厳密いうと
接着面が内部までは
完全には固まっていない可能性が
あるため、
念のため乾燥させるお時間として
5時間程度を目安に
洗顔・アイメイクは
我慢していただくと良いです。


実は1時間程度で
接着剤は完全硬化するという話も
あるので
実際5時間も置かなければ
持ちや安全性に明らかな
影響があるかといわれれば
もっと早くても良いとは思いますが
一応朝つけたら夕方から、
昼つけたら夜から、
夕方つけたら夜遅めから
洗顔OKとしておいてください。
まつげエクステの場合、
オイルクレンジング等
油分が強いクレンジングよりも
油分が少ないジェルクレンジングのほうが
おすすめです。


洗顔後はどちらも
まつげ美容液やコーティングを
つけて保湿するのですが


まつげエクステの場合は
密度が出ていて
余分な水分がたまりやすいので
一度ドライヤーの冷風を
軽くあてて乾かしてから
美容液やコーティングをつけます。


まつげパーマやラッシュリフトは
密度が出ないので
乾かす必要はありません。
普通通りタオルで拭いて
美容液をつけたので大丈夫です。


リペア(=次回ご来店)についてですが

まつげエクステの場合は
施術の負担があまりないため
状態が気になったときに
リペアにお越しいただいたので
構いません。

早い方で2週間がリペアの最速、

3~4週後のリペアが一般的、

かなりもつ方で5週以降のリペアに
なる方もいらっしゃいます。

まつげエクステの場合、
リペアの間が短期間でも長期的でも
その周期にあわせて
適切な施術方法があり、
お客さまのご来店周期を加味して
施術を進めますので
リペアの期間が短めでも長めでも
それほど傷みに差は出ません。

自分のストレスにならない時、
気になる基準も皆違いますので
それぞれにあわせて
良いと思う期間で直せば良いです。


ただし、施術から長期間(5週以降)
開いていて、

まばたきのときに
エクステがチクチクする場合は
既に地まつげからエクステの根元が
浮いている証拠なので
見た目がもうちょっといけそうでも
一度リペアされたほうが
安全です。



まつげパーマやラッシュリフトの場合は
薬剤による負担があるため
1ヶ月未満のリペアは出来ません。
特に継続してパーマを繰り返しかける方は
薬剤での負担を軽くするために
5~6週以降としておきましょう!

8週以降ならいつかけても
負担はほぼ変わらないかと思います。」




お互いのケア情報が混ざって
たまに間違えちゃう方も
いらっしゃいますので
参考にしてみてください。




空き状況とお知らせ。 2022年より新規ご予約はお休みしております。 ご来店歴のある顧客さまのみご予約いただけます。

0コメント

  • 1000 / 1000