パリジェンヌのリフト感+毛先に丸みで柔らかく




10月になりましたね。
夏のパジャマに毛布かぶると
すごくちょうど良くて
毎日ぐーぐー寝てしまいます。


サロンではまだエアコンを少しいれて
夏用の小さなブランケットと
冬用の大きなブランケットを
ご用意しています。
ご来店時間やお洋服によって
暑い寒いのお好みが出やすい時期ですので
施術途中でもお気軽に
お申し付けください☺️

.
.
こちらは初めてご来店の
お客さまです。
ご来店後に相談でメニュー決定を
ご希望で

「(他店さんで)
パリジェンヌラッシュリフトをして
根元のあがり方は良かったけど
毛先にもっと丸くカーブがつくほうが
理想なんです!」

とイメージのお写真を
見せてくださいました。


基本的にパーマもリフトも
デザインやあがり方は
すべてロッドの厚みと
形状で調整していきます。


パリジェンヌラッシュリフトや
コリアンラッシュリフトの
根元からまっすぐ立ち上げることに
特化したメニューは

ロッドがごく薄いため
(サイズでいうと小さいということに
なります)
根元がまっすぐ立ち上がり、
毛先は丸みのない
ストレートなデザインになります。


そこから
ロッドに厚みをもたせていくと
(サイズでいうと大きくしていくということ)
根元が一旦上でなく【前に】でて
上がりながら前に出た分
後ろに戻るので
結果的にまつげにカーブのラインが出ます。


なので、簡単にいうと
こちらのお客さまは
ロッドのサイズをアップすれば
良いだけなのです。


それだけなのですが
まず大事なことがあって

①サイズアップ出来るだけの
ロッドのバリエーションを
サロン側が持っていることがひとつです。


パリジェンヌラッシュリフトだと
サイズSかMのロッドを使う
=サイズが小さいので
まっすぐ立ち上がる

じゃあMで巻いたデザインから
お客さまがもっと毛先を丸くとか
全体を緩く、、といった場合に
もっと大きなロッドサイズが
必要なのですが

元々パリジェンヌラッシュリフトの
コンセプトが
根元からまっすぐの立ち上げなので
パリジェンヌラッシュリフトしか
メニューにない場合は
手持ちのロッドがパリジェンヌ用だけで
Mサイズ以上のカーブがつくロッドを
そもそもお店が持っていないことも
少なくないため、
デザインのバリエーションが
それ以上つけられないことがあります。


当サロンの場合、
パリジェンヌラッシュリフトの
S・Mのロッドで
上がりすぎる方や
デザインに変化をつけたい場合は

メニューをまつげパーマに変えると
その次のサイズ

M1・M2・L・LL

と豊富にサイズは続いていきます。

デザインをしっかりまっすぐあげたい場合は
パリジェンヌラッシュリフトで
良いと思いますが

パリジェンヌより緩め、
ナチュラル、柔らかい印象という
キーワードがある方は
ロッドにバリエーションが
どうしても必要な場合があるので
どれくらいの幅でデザインが選べるか
チェックしたほうが
良いのかなと思います。


技術、、というか
これは手札の問題で

エクステでいえば
JカールとCカールしかないお店に
DカールやLカールの
デザインは出来ないのと
全く同じなのです。



ロッドをサイズアップすると
上の説明の通り
デザインが立体的になるので
仕上がりの毛先は丸くなります。


ここでもうひとつ。
お客さまが今まで相談された
他のサロンさんで

「サイズアップすると
根元があがりにくくなるので
下向き直毛が解消しない」

と言われたそうなのですが


確かにサイズを大きくすると
根元の丸みも強くなるので
リフト感は控えめになるのですが

決して
「下向きのまつげが解消されない」
とか
「あがって見えない」
とか

そういうわけではないのです。


ロッドのバリエーションの
幅がどれくらい細かくあるかと
いうのも多少関係してきますが


サイズ幅が細かければ間違いなく
「リフトのデザインを
カーブのデザインに変えたから
全然上がらなくなった」
ということは起こりません。


上のお写真を正面から見ると
このような感じ。



カウンセリングで
「パリジェンヌの根元の上がり方自体は
気に入っていた」

「下向き直毛をしっかりあげたい」

ということだったので

サイズはM1。

これくらいだと
パリジェンヌと同じ位
「粘膜が見えるラインまでの
根元のリフト」は残りつつ、
横から見ると写真通り
「毛先に丸みが少しつく」という感じに
なります。


パーマやリフトは
あまりお客さまに決めていただく
ことがないので
バーッとカウンセリングで
ご要望を聞いてお話しながら
M1とM2どちらかになるだろうな等と
絞り、

最終決定は何度かM1とM2を
まつげの長さにあわせてみて
わたしが考えます。


今回はパリジェンヌの上がり方が
気に入っていたことが
ヒントでM1にしたのですが

仕上がりに

「理想通りになりましたー」

とおっしゃっていただきました❣️

お客さまのご要望と
わたしのこうかなーという選択が
フィットして良かった、、と同時に
選んだのがM2だったら
「ちょっと緩いですねー」と
なっていた可能性もあり(笑)
そこは結果を見なければ
わからないのが
パーマの難しさですね。
(そういう場合も2回目以降に
調整出来ますが)


ちなみに
もっと毛先に丸みをつけるなら
M2が良いですし、

Lまでいけば
ちょっとリフト感が少なくなって
ナチュラルに寄るかなーという感じ。


あ、大事なこともうひとつですが
②根元をしっかりあげるには
単にロッドサイズだけでなく
パーマ液の使い方も大事。

パーマ液さえきちんと塗れていれば
まつげが下がっている方が
緩めのデザインを選ばれても
下向きまつげは解消出来ますので
(=あがります)
そこはお好きなデザインで
お選びいただいても大丈夫かなと思います。



アイラッシュを中心とした美容情報からサロンの日々をお伝えしていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000