わたしが思う「あがりきっている」まつげ


久しぶりにご来店くださった
お客さま。
コロナでなかなか来られずの間も
お元気で良かったです❤️


久しぶりの間に
人気メニューになった
コリアンラッシュリフトに
挑戦してくれました。





韓国式のラッシュリフトを
学んでから

過去の自分のまつげパーマや
ラッシュリフトも勿論含めて
振り返って見たり考えたりすると

日本のラッシュリフトは
「あがって」はいるけど
「あがりきって」はいないものが
多いと思います。


韓国式を学んだ後に
今までの自分のなにが
いけなかったのかな?と振り替えると
やっぱり薬剤の使い方だったのかなと
1番に感じます。
韓国式を勉強して
薬剤の使い方がかなり変わったことで
下向きの硬いまつげの方や
まぶたが厚い方でも
ムラなく「あげきれる」ように
なってきたのかなと。



過去にお客さまに施術した
まつげパーマと、
コリアンラッシュリフトの比較😊
どちらも根元からしっかりあげようと
思って施術した2018年と、
今の技術の比較。




どっちもきれいにあがっているけど
わたしが施術者的に
上の写真(韓国式)のほうを
「あがりきっている」と
捉える微妙な感覚が伝わりますか?


ちょっとマニアックなので
そこまで求めてないし、
わからないわ!という方もいると思うし(笑)
またデザイン的なお好みも
あると思いますが、、
(下の写真の角度も
これはこれで良いですよね)


しっかりあげたい方には
気持ち良くあげきれるように
精進したいと思います。

アイラッシュを中心とした美容情報からサロンの日々をお伝えしていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000